スーパーカー!!

みなさまこんばんは、西神自動車学院です。

さて、先日のお休みの日に買い物をしていると、英国製スーパーカーのアストンマーチンがJR芦屋駅に展示してありました。

実物はやはり迫力が違いますね!!

内装も豪華

出力は教習車のなんと5倍。お値段は込み込み2500万円程度から・・・・

しかし、実物を見れば理屈はどこかへ飛んで行ってしまいそうです。車離れなどというのはまだもったいない気もしますね。

免許を持っていればまだまだ楽しみは尽きることがなさそうです。

2019年合宿カレンダー

西神自動車学院(神戸明石合宿免許.com)の合宿免許のカレンダーを更新しました。

合宿免許

合宿免許は期間を定めて最短での免許取得を目指すものです。毎日入校できるのではなく、入校可能日と卒業予定日があります。

ぜひ下記URLよりご確認ください。

神戸明石合宿免許.com

合宿免許3つのメリット

その1 ~とにかく早い!!~

最短での卒業が目標のため、免許を早く取得しなければならない(就職など)場合に最適と言えます。また、自身で予約を行う必要がありませんので、余分な手間が省けます。

その2 ~運転技能が身に着きやすい~

合宿免許は宿舎に滞在していただき、決められた期間で最短で卒業し早期免許取得を目指すものです。最短での卒業を目指すようにカリキュラムを設定しているため、教習の進み方に無駄がなくスムースに運転技能が身に付くことも大きな魅力です。

その3 ~快適な合宿生活~

神戸明石合宿免許.comの宿泊施設はマンションの1フロアを貸し切っているため、教習時間外のプライベートがしっかりと確保できます。滞在していただくお部屋はミニキッチン、ユニットバス、冷蔵庫など合宿期間中に必要な設備がすべて整っております。また、宿舎がJR西明石駅から徒歩1分のところにあるため、三宮等へのアクセスも良く、期間中のお食事にも困ることはありません。

 

 

ボウリング大会

ボウリング大会 ~ボーリング(穴掘り)ではありません~

懇親会として・・・・

西神自動車学院にはグループ校として土山自動車学院があります。同じ教習所に勤める仲間達と懇親を深めるためにレクリエーションの一環としてボウリング大会を実施しました!!

まずまずの参加人数です。

不意をつかれた指導員の図・・・

いつ?

金曜日が定休日なので、木曜日の夜です。次の日がお休みなのでまったりムード

会場は ~どこ??~

土山自動車学院併設のファンキーポリス土山です。

広々としています。明石西インターを降りて北へ少し走れば右手に見えます。平日などはお得に利用できますので、皆様もぜひご利用下さい。

指導員の腕前はいかに?

2ゲームを行い、若い指導員のスコアが良いようです。優勝者は2ゲームで400に迫る勢いでした!!教習もこの勢いでレベルアップをお願いしたいものです。

 

 

 

 

 

オートマチック(AT)車の運転

クリープ現象をうまく活用!

クリープ現象とは

AT車はエンジンが動いていて、セレクトバーがドライブやバックなどの車が動ける状態の位置にセットされている場合、クリープ現象というアクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出す現象が発生します。たとえば教習所に通う時、難しい課題に駐車と坂道発進があります。この時にこのクリープ現象を上手く利用するとそのため、運転手は駐車に専念できるのでマニュアル車よりも作業が一つぶん少なくすみます。

クリープ現象活用方法

また、坂道発進についても西神自動車学院のある明石周辺の道路も坂道が多く、教習所の教習中でもクリープ現象に助けられることは多くあります。うまく利用できるようにしましょう。もちろん免許取得後に明石周辺を走るのであればなおのことです。

現在はAT限定で基本的には困らない!

AT限定の運転免許を取ろうと教習所に通う時、どうしても気になるのが、AT限定の制限だと思います。結論から言うと、現在ではAT限定の運転免許で困ることは滅多にありません。レンタカーも殆どがAT限定です。

オートマチック(AT)車の運転

会社で使う車もATのものがほとんどです。当教習所に通われる教習生の方は明石にお住まいの方が多くおられますが、7割近くの方がAT限定免許を取得されます。明石周辺の日常生活のほとんどの場面で、AT限定のせいで困ることはほぼありません。運転免許の種類にそこまでこだわりがない方にとってはマニュアルの免許を取ろうとすることで、教習所での教習が苦痛になる可能性もありますので、そういう方にはAT限定をおすすめします。

事故は要注意!

今までは、AT限定のいい部分のみをお伝えしてきましたが、もちろんマニュアルのほうがいい部分もあります。それは事故発生率の少なさです。そもそもマニュアル車に乗る人は自動車が好きな人が多いので事故を起こしにくいとは思いますが、実際の研究で、AT車のほうが事故を起こしやすいとの結果が出ています。その理由としては先程お伝えしたクリープ現象が非常に大きく関係してきます。落ち着いて運転できている場合、クリープ現象は駐車時や、発進時などで運転の補助としてとても活躍します。しかし逆に焦っている時には悪い影響を及ぼします。例えば段差に乗り上げて駐車場に入るときなどです。明石周辺にはさまざま施設が多く、このように段差を越えなければ駐車場に入れないこともあります。一方マニュアル車の場合はクリープ現象がないのでブレーキペダルから足を離しても問題はなく、誤ってアクセルを踏んだとしてもマニュアル車の機能上、エンジンが空回りするだけで車は動きません。つまり、焦った時はAT車のほうが危険を孕んでいるのともいえます。教習所ではこのような明石の地域特性やAT車の特性をきっちりと教習しますので、確実にAT車の操作を身に着けるようにしてください。
マニュアルよりもオートマチック車の方が操作そのものは簡単ですが、上記のような危険も持ち合わせています。操作を誤れば危険な乗り物であることにかわりはないので、教習所での教習中、免許取得後も十分に注意して運転して下さい。